036 trader blog

FX(XM Trading)、バイナリーオプション(ハイローオーストラリア)、timebank などトレードしています! 実績報告やロジックなども公開しています。

カテゴリ: FX

IMG_5753

2018年10月:原資37,688円(途中入出金含む)を使い、1ヶ月で 192,248円の利益を出したFXトレード履歴(285取引)完全公開します!


1ページ目で10取引、2ページ目以降は最初の取引を前ページ最後の取引をダブらせているので9取引となり全てが繋がった履歴となります。


この履歴を見ていただければわかるのですが、全285取引(損益確定約定)のうち、損切りは僅か11回です。


過去に爆損を経験しながら自分なりのトレードを構築してきました。

関連記事:


このトレードを有料で公開しようと企んでいましたが、やはり完全無料で解説していくことに決めました!!!



何故かと言うと…

有料情報は個人の主観で良くも悪くも取られ(ココナラで経験済み)、良いと捉えられた場合[それは当たり前]で、悪いと捉えられた場合は[騙された、知っている情報だ]と言われてしまうのです。


それと…


[再現性がない]と仰る方もいますが、それは先入観の問題だと感じます。


なので…


完全無料で、私がやってきたことを、今後のブログ記事として作り込むことに決めました。


利率からみても異次元の数字だと思うので、前向きに捉えられる方だけに見てもらいたいと考えております。


記事を書き終えたら、Twitterでシェアするのでフォローして頂けると見逃さずにチェックできると思います。




2018年10月1日〜31日まで全285取引履歴

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

IMG_5626
今月の利益が8万円を超え、10月前半の利益を確定する目的も兼ねて10万円を出金しました。

内訳は、先月末からの持ち越し(約3.7万円)の資金と利益(6.3万円)


残金23,861円からの再スタートを切りました。

FullSizeRender


XM Trading での出金方法


​XM Trading は海外口座のため出金に対する不安がある方もいるようですが、私は出金できないという事例はありません。



FullSizeRender


  • $200 以下の出金は手数料発生
  • 最低出金可能額 ¥10,000
  • 海外送金できない口座に注意


FullSizeRender

海外送金での出金となるため、マネーロンダリングやテロリスト資金供給への関与を防ぐための措置として…

  • 入金元への出金が原則。
  • クレジットカードも入金した金額が返金されるかたちとなり、利益分は銀行への海外送金となる。

FullSizeRender


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

  • [カナ]入力以外は、全て英数字記入となります。
  • 銀行名は選択するだけ
  • Swiftコードは各銀行のWEBページで確認要。

『出金優先手続きに基づいて…』に同意しリクエストをタップで完了します。


出金処理が無事に完了すると、翌営業日に XM Trading よりメールで通知されます。

FullSizeRender


あとは自分の銀行への[海外送金受け取り]通知を待つだけ。

10月14日22時出金申請
10月15日16時出金処理完了
10月16日12時着金

FullSizeRender


私は、住信SBIネット銀行を入出金に使っています。

海外送金手数料[2,500円]

去年出金した時よりも、出金処理が早くなりましたね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在FXは XM Trading だけでトレード中!


▼無料口座開設+3,000円ボーナス▼

   



▼継続収益型のアフィリエイト▼




IMG_5498

今月半ばからMT5へプラットフォーム、XM Trading MT5 Micro口座へ移行。




先週までの流れ

MT5Micro口座へ約3,000円振替投入
ゼロカット(泣)
更に2,000円弱を振替投入
利益約3,000円でゼロカット分を回収


先週までは、こんな感じでした。


今週のFX実績(MT5Micro口座)


FullSizeRender

先週、ゼロカットされた分を回収し原資からの再出発となる週…

5,040円の資金に対し…

結果利益は3,709円まで増益!

トータル8,550円まで伸ばす事が出来ました。

資金が少ないのでポジション増大しないMicro口座へ移行し【1ポジション = 0.5ロット 】の効果が非常に大きな成果に結びつきました。


《売り上がり、買い下がり》がメインテーマとし反転の兆しが見えたら《売り下がり、買い上がり》と言うかなり攻めのトレードをしてみました。


チャートのメインは1H足
上位足は4H足を常に意識する


⚠️ 注意 :
このトレードは短いスパンで【利確するポイント】を浅く見ているので、長い時間軸で取り入れることは危険ですね。


今週のFXトレードまとめ


  • 少額トレードは、XM Trading Micro口座が相性抜群!
  • 1ポジション = 0.5ロット厳守
  • 売り上がり、買い下がりOK

来週は資金を更に投入予定です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼無料口座開設+3,000円ボーナス▼

   



▼継続収益型のアフィリエイト▼



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ココナラ人気です。
お陰様で、お気に入り50件突破!!!


現在FXの攻略に楽しみを覚え、バイナリーオプションは休止中ですが、興味ある方は是非!!!

▼詳細はこちらから▼
FullSizeRender



IMG_5494

ドル円がNYタイムに113.4円まで上昇!年初来高値を更新しました。


NY市場オープン前の経済指標、特に耐久財受注が予想よりも好結果となり、NYオープン後のダウが好調な出だしとなりリスクオン相場へ…
ドル円も113.4円まで上昇となりました。


FOMC後の下落でNY時間前までは、1Hチャートでは売りモードで細かく戻り売りを投入し、短期的にみて下落だと思っていた矢先の急騰でした。

4Hチャートは不動の上昇トレンドでしたね。失敗でした。


FullSizeRender
FullSizeRender

FXトレードをする上で【時間軸】が大切なワケ


短期なのか中期なのか、それとも長期なのか…

トレードする時間軸により目指すポイントが変わるので、自分が目指す【時間軸】を決め込みリミット、ストップを明確に設定すべきです。


先の動きが見えないなら上位足を参考に


どうしても中途半端なトレードになってしまう、先の動きが見えないなら、上位足を常に確認するようにすると戦略を立てやすいのかと考えます。

昨晩のように1Hでは売り目線だったので売りを仕掛けていましたが、結果急騰するという始末。。。

これは、上位足の4Hを確認していれば、避けられたパターンでした。


※28日午前11時現在…113.6まで上げています!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▼無料口座開設+3,000円ボーナス▼

   



▼継続収益型のアフィリエイト▼



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ココナラ人気です。
お陰様で、お気に入り50件突破!!!


現在FXの攻略に楽しみを覚え、バイナリーオプションは休止中ですが、興味ある方は是非!!!

▼詳細はこちらから▼
FullSizeRender


IMG_5488



米FRB政策金利発表(FOMC)

今回 2.00% ▶︎ 2.25%
市場予想 2.25%

​市場予想通り、2.25%への利上げとなりました。

今回の声明文から『政策スタンスはなお緩和的』文言が削除されました。


パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長会見


  • 金融システムはより強力と確信。
  • インフレ率は持続的に2%近辺にとどまると予想。
  • 緩和的との文言削除は金融政策が予想通り推移していることを示している
  • 緩和的の文言削除は金利の道筋を示したものではない。
  • 全体の成長見通しは好ましい。
  • 労働市場は力強さが続く公算。
  • 労働参加率はポジティブなサイン。
  • 安定的に2%のインフレを見込む。
  • インフレは2%前後での推移を見込む。
  • 原油高の影響は一時的。
  • 利上げ見通しに関しては6月と同様。
  • 一部のメンバーは中立金利の緩やかなオーバーシュートを見込む。
  • 失業率はフィリップス曲線のフラット化を反映。
  • インフレの過程は1960年代以来劇的に変化した。
  • 一部の資産価格は最高値圏にある。
  • 貿易問題への懸念の声を聞いている。
  • 貿易問題の影響を依然として計りかねている。
  • 長期に渡る関税の拡大は米国にとってよいことではない。
  • 関税引き上げによるインフレ上昇が一時的か長期に渡るのかはわからない。 
  • 政策はなお緩和的。
  • 金利が2020・21年に中立水準を上回る必要があるとの確信は持っていない」



政策金利発表後、ドル円は一時113.13まで上がるも、『金利が2020・21年に中立水準を上回る必要があるとの確信は持っていない』とのパウエル議長発言あたりから、長期金利上昇、ダウ下落も手伝い下落に転じています。

IMG_5487


7月18日付近の1D直近高値挑戦も越えることなく下落しているので、短期的には戻り売りの展開となるのでしょうか?

ただアメリカ経済は力強く中長期的にドル円は、底堅く推移するのではと感じています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▼無料口座開設+3,000円ボーナス▼

   



▼継続収益型のアフィリエイト▼



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ココナラ人気です。
お陰様で、お気に入り50件突破!!!

現在FXの攻略に楽しみを覚え、バイナリーオプションは休止中ですが、興味ある方は是非!!!

▼詳細はこちらから▼
FullSizeRender


↑このページのトップヘ